中学校の時の黒歴史ノート

話題はlol中心です。駄文ゆるして

インド人lolプロゲーマーあるある

 こんにちは!インディアンゲーマーのシャラシカだよ!

f:id:baoh7:20180316233614j:plain

 

eviさんのゲーミングハウスあるあるという記事を読んでて面白いと感じたので

 

僕もインドのプロゲーマーを日本の人たちにも知ってほしいと思ったので紹介したいと思うよ!

 

じゃあ気づいたところから順番に紹介していくね

 

 

その1 ゲーミングハウスは常にカレーの匂いがする

 

 これには理由があるんだ。ゲーミングハウスでは常に誰かが食べれるように

 

いつもカレーが煮込まれていて、ナンも常備してある

 

みんなも知ってる通り、インドの人たちはカレーが好きなんだ

 

だから朝もカレーだし、昼もカレー、夜もカレー

 

この前韓国人の友達に「毎日カレーで飽きないの?」と言われたけど

 

「お前だって毎日キムチ食ってるやん!」ってつっこんでやったよ

 

毎日3食カレーはこっちでは当たり前だけれど日本ではすごく珍しいことらしい

 

インドのプロゲーミングチームは全チーム毎日朝昼晩カレーなんだけどね

 

これはインドのプロゲーミングチームの強さでもあるんだ

 

車のガソリンはインド人でいうカレーだからね

 

その2 試合に勝った側のチームは、チームをイメージした曲が流れ選手が踊り出す

 

 もともとこんな決まり事はなかったんだけど

 

lolの試合は終始殺伐とした空気だから、それを変えたいという思いで

 

チームDCG(ドラゴン・カリー・ゲーミング)のmidレーナーのスパイスキーマ選手が提案して始めたことなんだ

 

この試合後のダンスで楽しい雰囲気になるため、LIL(インド国内リーグ戦)ではいつのまにか採用されて公式化されたんだ

 

でもこれには問題がでてきて試合後のダンスが勝った側のチームだけでなく

 

負けたチーム側、観客側も踊り出して、場が盛り上がったんだ

 

そして場が収まるまで3時間かかり、大会運営のスタッフは苦労したと聞いています

 

ダンスは素晴らしいことだけど、ほどほどにしようね!

 

その3 LIL決勝戦は選手がゾウに乗って登場

 

まだ決勝会場が古臭い時だったとき、何か壮大にできるものはないかと思いついたのが象なんだよね

 

象で登場する選手に観客は盛り上がり、受けが良かったので今でも象で登場するのは続いています。

 

しかし、少し前に高所恐怖症の選手がいて象に降りるのが怖くて降りれないという事件があったので

 

象に乗って登場するのは無くなってしまうかもしれません

 

以上がインド人lolプロゲーマーあるあるですね

 

もしも、助っ人外国人としてインドのプロゲーミングチームに所属する場合は是非、参考にしてみてください

 

それではまたねー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:baoh7:20180317002741p:plain

 

※インド人に失礼な表現があればすぐこの記事を削除します

 

 

 

ロックストックアンドトゥースモーキングバレルズ

どうもこんばんは

 

夏休みがどうやらあと一週間でおわるようです

 

やっとlol無間地獄が終わります

 

夏休み中にチャレいくぞっていう目標はかなわないかもしれないけどできるところまでやります。目標まで少しでも近づけたらそれでイイ

 

とはいったものの夏休み開始直後からレートが同じでまったくかわっていない

 

レートとしての見た目は変わっていないけど自分の実力は上がっているはず(ポジティブシンキング

 

使用キャラはリーシン?セジュ?からシヴァーナにキャラ替えをしたので

 

今回は現在使ってるシヴァーナについて書きます

 

シヴァーナやろうと思ったのが現KRチャレのシヴァーナ専の人がきっかけで

 

シヴァーナでも頑張ればレート上がると信じて使ってます

 

krチャレシヴァーナさんの基本ビルドがこれです

赤ブラッドレイザー→フロマレまで積んだ後は敵チームの構成によって装備を変えます

あくまでもシヴァーナのビルドは僕の見解ですのでご了承ください

f:id:baoh7:20170919203346p:plain

 中立からのダメージはARなのでルーンにMRは無く、AS,ARに全振り

 

ADが無くAS全振りなのは、シヴァーナのヒューリーを効率よく貯めるため、赤スマをダメージをよりよく出すためなんじゃないかと思います

 

ビルドはフロマレを積んだあたりからパワースパイク?でフロマレやオーメンでスローをつけて無理やり殺すビルドです

 

シヴァーナ使い始めるまでは「シヴァーナ?オイオイオイ死ぬわアイツ」って思っていましたが

 

シヴァーナを使い始めた後は「ほう…シヴァーナですか…たいしたものですね…」と思うようになりました

 

いまのジャングルはタンクメタでセジュアニ使ってると、味方がダメージを出してくれなきゃだめだーって感じでした

 

gankを決めてもレーナーが有利をとってくれない場合もあるし、リーシンのようなgank力はくそ高いキャラでもgankが上手くいかないときもあります

 

ならば中盤から終盤に重点を置いた効率の良いファームこそがレートを少しづつ上げるものではないだろうか

 

しかし、シヴァーナでkillをたくさん持って後半carryするやで~ってなった試合で負けることが多いです なんでや

 

krチャレシヴァーナさんのリプレイを見て何か"技"を盗もうとするも、序盤ファームばかりして後半見るからにごり押しで勝ってるように見える キルラインでこんなに差がでるんやろか

 

ドラゴン、タワー、ヘラルドのようなオブジェクトもとれるような状況は常にとってるけど、それを有効な方向にいかせないのがマクロ知識の差がでかいと感じます

 

僕は見よう見まねでやってるだけだけど、それでもこの人を信じてシヴァーナがナーフされるまではがんばってみます

 

しかもシヴァーナは動きが単純で、飽きそうで怖いよ

 

リーシンみたいにキャラ動かすこと自体が楽しくて「うおおおおお実践でultフラッシュできたうれしー」みたいな成長を感じれたら楽しいんだけどなぁ

 

このゲーム成長を実感できるところが一番の楽しみなのに

 

lolの現状はこんな感じです お酒のみながらノリで書いちゃったのあとで書き直します

 

まじでこのゲームで上手くなっても履歴書にはかけないのになにやってんのかわかんないけど、男って馬鹿な生き物なんで無駄なところに努力してしまいます

f:id:baoh7:20170919211152j:plain

 

 

 

 

 

 

 

対人ゲーム研究

 どうもこんばんは

 

今日、帰ったらlolするつもりだったのにちょっと寝ちゃったよ

 

お酒は行動力を鈍らせ、男をだめにする悪の飲み物だってエリザベススワンが言ってたの覚えてるけど、やめれないんだよね 飲みたくないよ私も

 

f:id:baoh7:20170624044115j:plain

 

今回は対人ゲームっていうアホのゲームで思ったことについて書きます

 

 対人ゲームっておもしろいですよね 喜怒哀楽がかなり出る類です

 

特に怒りやすいです 対人ゲームやって怒ったことないって人はいないと断言できるぐらい

 

対人ゲームで怒ったことないって人はゲーム始めたての人か、楽しめてない人か、強くない人がだいたいを占めていると思います 例外がいたらその人はやばい人です

 

LOLは劣勢になると怒ってしまいがちですよね

 

怒ってしまうと冷静さを失って勝率に影響します

 

逆に怒りをださず常に冷静さを保っていれば勝率はあがっていきます!

 

それではなるべく怒りを抑制するにはどうすればいいいか考えました、その結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:baoh7:20170624044239j:plain

ブログを書き始めてわかったこと

ブログ書いてるときは楽しいんだけけれども

 

1記事書くのにめっちゃ時間かかってもうかけましぇん!

 

これがこのブログの最後であった

 

 

 

バオー先生の次回作にご期待ください!

 

BAD END

 

ED曲↓

 

www.youtube.com

対人ゲームで効率よく上達するには

 こんにちは いい加減な記事を書きすぎたので久しぶりに普通の記事書きます

 

僕は「謎のに包まれた伝説の強豪」を目指し、高1の終わりの時に格ゲーをはじめて

 

それから4年間、対人ゲームをガチで上手くなりたいという思いを持ちゲームをしてきました

 

このかなり無駄だったようで充実していた4年間で気づいたことをバオー忍法張にまとめました

 

あくまで推測にすぎないので間に受けちゃだめだよ

 

忍法張その1

ゲームを毎日触る

 

 「ピアニストはピアノを一日さぼると三日分の遅れが出る」というのは聞いたことがあるだろうか?

 

ゲームもピアノと同じで一日さぼれば三日いやそれ以上の遅れがでてしまうだろう

 

もしゲームを一日さぼってしまえばもう一昨日の自分と今日の自分はまったく別物になっていることだろう

 

忍法張その2

ゲームを絞る

 

 ゲームをうまくなるには他のものを捨てなければいけない

 

ゲームもその一つである

 

単純に他のゲームをしている時間がもったいない

 

ひとつのゲームだけじゃつまらないのもわかるが、我慢できれば強くなれる

 

忍法張その3

リプレイを見る

 

 上手い人のリプレイや配信を見て自分もそのプレイを吸収し自分も上手くなるというのはたぶんちょっとしか意味がないだろう

 

やはり自分のリプレイもみなければならない

 

自分の足元を見ずに上を見て歩くなんていつかコケてしまうではないか

 

 

 

 

かくなる自分も自分のリプレイを見る時間はもったいないと思っていたけど

 

絶対見た方がいい 

 

実はスパ4のときxboxに移ってまもなくしたころ、無差別にリプレイを上げまくってる外人ニキが僕のリプレイをyoutubeにアップしてくれていてそれに気づいた時からそれを片手間に見てた

 

そして自分のリプレイを見ると反省点が大量に見つかることに驚いた

 

めきめき成長できたのはyoutubeにリプレイをアップしてくれていた外人ニキのおかげといっても過言ではない

 

lolのリプレイは格ゲーより特に大事だけど、やはり試合時間が長く見るのがだるかった

 

だるいけどリプレイをみれば上手くなるのは確かです

 

忍法張その4

 負けを恐れてはいけない

 

負けを恐れてはいけないとはみんな簡単に言うけど、ランク戦の負けの怖さと言ったら相当怖い

 

負けてポイントが減るともう頭に血が上り、ひどいときは我を失ってしまうだろう

 

しかし、負け恐れては前に進むことはできない

 

たとえ負けても試合をしたことに意味があり 負け試合でもさらに成長していると考えよう

 

ランク戦でのポイントのリスクリターンを考えず試合するたびに成長してると考えることができれば最強の戦士だ

 

忍法張その5

 モチベーションの維持

 

ビースト梅原のこの名言はご存知だろうか

 

「やる気の全一は後の全一」

 

まさにその通りで、やる気のあるやつが上手くなれる

 

やる気は車のガソリンと一緒で、やる気がないと前に進めない

 

モチベの維持はもう才能としか言いようがない

 

秀才の天才こそ最強である

 

 

 

ちなみに自分のlolのモチベはかなり危うく、高モチベ配信者からモチベをもらってる感じで自分ひとりじゃ維持はできない状態だ

 

現在Echo foxのプロゲーマーときど氏の本に書いていたことだが(うろ覚えです)

 

モチベは2種類の炎があり、一つは自分で炎を灯すができる人

 

もう一つは、自分で炎を灯せる人から火を貰えないと灯せない人

 

僕とときどさんは後者で、しかも僕の炎はすぐに消えてしまうからとても悲しい

 

モチベの維持は最大の壁だと言っても過言ではない

 

忍法張その6

時間を捨てる覚悟を持て

 

 ドラクエをやったことがあるだろうか

 

レベルが上がればスキルポイントが貰うことができ、スキルを割り振るシステムがあるのだけど

 

ゲームで上手くなるには人生のスキルポイントを6割~9割ぐらいはゲームにふらないと上手くなれない

 

プロゲーマーのほとんどは9割~10割ぐらいゲームに振っていることだろう

 

結論からすると他のもの(時間)を捨てれば捨てるほどゲームでは強くなれる 虚しい

 

だけど何事も好きなものに打ち込んだら後に”点と点が繋がり”、いいことに繋がると信じてもいいんじゃないだろうか

 

打ち込む対象がゲームだからスティーブジョブズのようにはうまくいくはずもない

 

 

 

忍法張はこれで終わりです

 

あくまでもゲームは遊びです

 

ゲームは暇をつぶすものであって

 

f:id:baoh7:20170215072823j:plain

 

 

 

 

 

 

myメインチャンプ

こんばんは 最近ランクのやる気がでなくて配信見る方が楽しくなってきています

 

なんか最近自分のメインチャンプが定まらず、日々模索をツヅケています

 

僕はjungle wukong専だったんですが、S7からがらりとjungleが変わってしまい

 

mainチャンプを変更しざるを得ない状況になりました

 

そこで僕がjgでメインチャンプ候補にしようとしてるチャンプを紹介します

 

 

 

f:id:baoh7:20170214040214j:plain

こいつはカジックス。両手の鎌が特徴のカマキリだ

 

プロシーンでもよくみる

 

カジックスは"世界一成長するカマキリ"としてギネスに登録されている。あまりに希少でかつ少数なため、こいつを殺そうとするものは自然保護団体が黙っちゃいないだろう

 

志村動物園に出演したこともあり、その際、栗山千明からは「できることなら飼いたい」と言わせるほどカジックスはプリティーなやつだ

 

7.3パッチでQのナーフをくらっており、カジックスは「いつまでもこんなopな生活はできない」と思っている

 

f:id:baoh7:20170214041324j:plain

そして次に紹介するのはこいつだ 名はリーシン。"赤足のリー"とも呼ばれている

 

過去に中国の裏カジノでやばい奴連中相手に多額の借金を背負い、その借金を払えなくなったリーシンは両目を潰されている

 

だが今では裏社会で赤足のリーと呼ばれ恐れられている

 

裏社会でのリーシンは闇金のプロフェッショナルだ

 

リーシンに金を借りたやつが、リーシンは目が見えないからだませるだろうと金貨の束ではなく5円チョコの束を借金の返済として渡した

 

しかしリーシンは金貨ではなく5円チョコだとすぐに気づいた 目が見えなくとも味ですぐにわかる

 

怒ったリーシンはそいつを蹴り殺し、その際、リーシンは顔色ひとつ変えなかったらしい。イカれたやつだ

 

赤足のリーという呼び名は蹴り殺したやつの返り血がリーシンの足について真っ赤になっていることからそう呼ばれている

 

過去にリーシンのRがナーフされているが、それでもまだBANされるぐらいには強い

 

f:id:baoh7:20170214042714j:plain

 

そしてこいつはグレイブス

 

 

 

以上が僕のメインチャンプ候補となりますが、いまのところグレイブスが一番いいなと思います

 

カジックスはナーフの危険性があり、リーシンも序盤gank決めれなかったら後半なにもすることがなくて安定しない

 

gravesはgank決まらなくてもファームしてれば後半仕事もできるし頼もしい

 

CCがないのが唯一の不安で、味方にタンクいなかったらダメージ出すの難しそう

 

ということでこれからはgravesを練習しようかなと思います

 

カジックス好きだったけどなかなか勝てなくてなぁ、、、

 

 

 

 

 

辛辛魚

f:id:baoh7:20170213042236j:plain

危うくブログが三日坊主で終わりそうだった

 

毎年冬限定で1月30日から販売してる辛辛魚というカップ麺がとても美味しいんですよ

 

名前の通り辛そうな名前で相当辛く、食べたら身体から火を噴きそうなほど辛いのですが、辛さの向こう側に美味しさが隠れているんです

 

はじめ食べたときはもうこんな食べ物二度と食べないって言ってたのですが

 

辛さが癖になって病みつきになってしまった

 

辛い食べ物は身体に悪いと思ってたけど、身体にいい作用ももたらすらしいです

 

なんかアフィリエイトみたいなこと書いてすみません

 

そんな感じです   みなさんも是非食べてみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし事件は起きた

 

 

 

それは辛辛魚をいっぱい食べた次の日の朝のことであった

 

 

 

ふと鏡をみると、、、なんと、、、!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:baoh7:20170213041837j:plain

僕はBRANDになっていた!!なんてこった

 

皆さんも辛辛魚の食べ過ぎには気をつけよう!