中学校の時の黒歴史ノート

話題はlol中心です。駄文ゆるして

lolスキン名考案裏話

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました


おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行きました


おばあさんが川でせんたくをしている途中

 

丁度2:00になった頃、ドンブラコ、ドンブラコと

 

大きなカニが流れてきました

 

「おや、これは良いおみあげになるわ。」


おばあさんは大きなカニをひろいあげて、家に持ち帰りました。

 

そして、おじいさんとおばあさんはカニを食べるために

 

先程、しばのラストヒットで得たゴールドでエクスキューショナー・コーリングを購入し

 

それでカニを切りました

 

すると、なんと中から元気の良いアーゴットが飛び出してきました。

 

 

 

—それはアーゴットと言うにはあまりにも大きすぎた

 

  大きく 分厚く 重く そして大雑把過ぎた

 

 


子どものいなかったおじいさんとおばあさんは、大喜びです。

 

「これはきっと、神さまがくださったにちがいない」

 

早速おじいさんとおばあさんはアーゴットに名前をつける相談をしました

 

カニ太郎というのはどうじゃろう」

 

「それじゃあ単純すぎやせんかのう」

 

「それもそうじゃな」

 

カニから生まれたアーゴットじゃろ・・・」

 

「それでもって巨大なアーゴットじゃから・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじいさんとおばあさんはとうとうそのアーゴットにつける名前を決めました

 

「めちゃめちゃ大きいからこいつの名前はチェ・ホンマンで決定じゃ」

 

 

 

たまには

こんばんは

 

そもそもこのブログはタイピングの速さと文章力の養うために書いてきました

このブログを読む人は雀の涙ほどしかいないから

読み手の事を考えずにただただ自分が面白いから

ふざけた事しか書かなかったんですね

真面目に書いたことはあるんですけど

面白くないのでボツになってます

 

読み手にとっては

こうやって真剣なものも挟まないと

ふざけた記事の面白さが薄くなるのもあります

 

私としてもやべーやつというのはもう否定できないけど

やべーやつとしてのランクが上がっちゃうので銀魂みたいに

真面目ムードを挟みます

 

 

暇だからなんか書きたかったという理由もあるよ

 

 

今回はlolが日常生活に影響した話です

 

lolは学びのゲームやらメンタルゲームやら将棋とボクシングやら

色々な言われ方がありますね

 

このゲームの楽しみ方は人それぞれですよね

ノーマルでワイワイやりたい人、ランクで高みを目指す人

私はいつもノーマルは軽くやって、ランクだけは死んでも負けたくないって感じでした

getting over itっていうゲーム知ってますか?あのゲームで落ちるのとLPが減る感覚は同じ感じです

ランクで勝てれば脳汁がドバドバ出て歓喜するんですけど、

それに対して負けてLPが減るのは相当辛いですね

その敗北は時に人を人ならざる者に変わっていく様をなんども目にしてきました

 

ランクにおいては負けたくなかったので勝つために試したことがいっぱいあります

 

  • メモ

 

  • 頭の回転を早くさせるためのマインドフルネス(瞑想みたいなの)

 

  • faker先輩の「いっぱい食べていっぱい寝る」というスタンミへのアドバイスを参考に、食事と睡眠は最優先にする

 

 

  • ウメちゃん見習って家から出なかった日は最低限の散歩

 

  • 去年のシーズン7の時は、一生お酒を飲んでランクやってきたことでなんも上達しなかった事を後悔したので、S8から大好きなお酒を止めて休肝日を設ける

 

  • 現在進行形でやっているのは、小麦が原因で思考力が落ちるって聞いたので自分の体重を増やすことを兼ねてグルテンフリーを試してます 完璧主義者には申し訳ないけど完全にグルテンを断つのは無理でした

 

 

色々試してランクで勝てるかどうかはわからないけど、良い習慣を取り入れるようになるのは良いことですね

 

結局ゲームによる悪い習慣とぶつかってプラマイゼロなってる気がするんですけど

 

 

 

このゲームは来るところまで来ると

メンタル面と体調面を気を使います

連敗している時のメンタルと連勝している時のメンタル

体調良い時悪い時、少なくとも私は天と地の差です

f:id:baoh7:20181203055359j:plain

 メンタルや生活習慣は自分のコンディションに大きく影響させます

 

lolは普段の生活においても狭い範囲だけど色々な事を気づかせてくれます

 

 

f:id:baoh7:20181203060511j:plain

説明下手なんで画像持ってきました

小学校か中学校の授業で出てきたソクラテスの言葉に

無知の知っていうのがありましたよね

自分は何もわかっていないことを自覚するって感じの言葉です

 

自分の非や知らないことを自覚する事が

このゲームをやる上で意識しなければいけないポイントです

今の自分に満足してしまってはそこで終わりですよね

 

この画像の大事な部分が一番外側の3番目の領域の

「知らないことすら知らないこと」です

ここをいち早く1番の領域に持ってこれるかがlolの鍵です

 

3番目の部分は自分からだと悲しくなるほど見えてこないんです

これは日常生活にも人間関係にもあてはまるはずです


枠外のものを探すことは自分ひとりで見つけるのは難しい事で

視点を変える事を意識しても中々見つけれなかったです

 

手っ取り早いのが他人気づかせて貰う事で

自分の盲点を指摘され始めて1番2番の枠内にいれることが出来ます

 

ときどさんは良い人であることがゲームを上達させる上で大事なことだと本に書いてあったのを覚えています

嫌われてしまえば格ゲーでは対戦相手がいなくなり、自分の弱点や盲点に気づくことがいつまでも気づくことが出来ず

一部の層だけ知っている有益な情報も教えてもらえないからだと思います

 

 

 

しんどいのでここまでで

 

徐々に近づいている新人研修にここ最近怯えています まる

 

 

 ゲームごときで人をここまで本気にさせるのが

このゲームの一番怖いところですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年のWCSについて

こんにちは お久しぶりです

 

突然ですが去年のWCS2017を覚えていますか?

 

そうです。SKTは準優勝で終わり、SSGが優勝した年ですね。

 

SKTがSSGに負けた際、fakerは負けた悔しさによって心の隙を突かれ、何者かの手で覇気の力を奪われた事件はあまりにも有名です

f:id:baoh7:20181129185503j:plain

 

2017年は韓国にとって厄年だったでしょう

 

fakerの覇気を奪われたこと即ち韓国全体ナーフを意味します

 

今年のwcsで韓国勢が弱く見えた原因はこれが9割で1割はlolのメタの変更と推測されています

 

この件はlol redditで一躍大きな話題となったものの、ジャパニーズ3流ハッカーによるダイダルウェーブハッキングで火消しされ真相は闇の中です

 

覇気を奪われた事については、fakerは強さを失ったものの結果的に人間性を取り戻しつつあるので、これはこれでよかったのではないかとも声もあります

 

そもそも覇王の力なんて無いのでは?という話は同じ覇王色の素質のある人(一般的に霊波紋使いと呼ばれている人達)は覇王オーラを肉眼で見る事が出来るため、

 

その人達から

 

「Fakerの覇気とチャドの霊圧が消えた」

 

との証言を得ています。

 

この証言によりfakerが覇王の力が盗まれたのは確定だという事を表しています

 

今回は中国テンセント社による社内プレゼンコンテストで《残念賞》を受賞したリーグオブレジェンド部門、BE リズムオカルトチームにより

 

タイトル「愛と覇気を取り戻せ -FT- 」サブタイトル「faker ga itakara tanosikatta」

 

という研究結果を先日発表されたので表沙汰にはなっていませんがそれを翻訳して勝手に紹介させていただきます。

 

このプレゼンはFakerの覇気の行方とその真相が明らかになるものでした

 

テンセント社から削除依頼が来た場合は即刻削除させていただきます。

 

それではここから翻訳された内容となります

 

 

 

こんにちは リズムオカルトチームのジャッキーシェンです

 

fakerの覇気を奪われた事件をご存知ですか?

 

あれ盗ったのぼくです

 

一同「お前かーーー!」

 

おしまい

インド人lolプロゲーマーあるある

 こんにちは!インディアンゲーマーのシャラシカだよ!

f:id:baoh7:20180316233614j:plain

 

eviさんのゲーミングハウスあるあるという記事を読んでて面白いと感じたので

 

僕もインドのプロゲーマーを日本の人たちにも知ってほしいと思ったので紹介したいと思うよ!

 

じゃあ気づいたところから順番に紹介していくね

 

 

その1 ゲーミングハウスは常にカレーの匂いがする

 

 これには理由があるんだ。ゲーミングハウスでは常に誰かが食べれるように

 

いつもカレーが煮込まれていて、ナンも常備してある

 

みんなも知ってる通り、インドの人たちはカレーが好きなんだ

 

だから朝もカレーだし、昼もカレー、夜もカレー

 

この前韓国人の友達に「毎日カレーで飽きないの?」と言われたけど

 

「お前だって毎日キムチ食ってるやん!」ってつっこんでやったよ

 

毎日3食カレーはこっちでは当たり前だけれど日本ではすごく珍しいことらしい

 

インドのプロゲーミングチームは全チーム毎日朝昼晩カレーなんだけどね

 

これはインドのプロゲーミングチームの強さでもあるんだ

 

車のガソリンはインド人でいうカレーだからね

 

その2 試合に勝った側のチームは、チームをイメージした曲が流れ選手が踊り出す

 

 もともとこんな決まり事はなかったんだけど

 

lolの試合は終始殺伐とした空気だから、それを変えたいという思いで

 

チームDCG(ドラゴン・カリー・ゲーミング)のmidレーナーのスパイスキーマ選手が提案して始めたことなんだ

 

この試合後のダンスで楽しい雰囲気になるため、LIL(インド国内リーグ戦)ではいつのまにか採用されて公式化されたんだ

 

でもこれには問題がでてきて試合後のダンスが勝った側のチームだけでなく

 

負けたチーム側、観客側も踊り出して、場が盛り上がったんだ

 

そして場が収まるまで3時間かかり、大会運営のスタッフは苦労したと聞いています

 

ダンスは素晴らしいことだけど、ほどほどにしようね!

 

その3 LIL決勝戦は選手がゾウに乗って登場

 

まだ決勝会場が古臭い時だったとき、何か壮大にできるものはないかと思いついたのが象なんだよね

 

象で登場する選手に観客は盛り上がり、受けが良かったので今でも象で登場するのは続いています。

 

しかし、少し前に高所恐怖症の選手がいて象に降りるのが怖くて降りれないという事件があったので

 

象に乗って登場するのは無くなってしまうかもしれません

 

以上がインド人lolプロゲーマーあるあるですね

 

もしも、助っ人外国人としてインドのプロゲーミングチームに所属する場合は是非、参考にしてみてください

 

それではまたねー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:baoh7:20180317002741p:plain

 

※インド人に失礼な表現があればすぐこの記事を削除します

 

 

 

ロックストックアンドトゥースモーキングバレルズ

どうもこんばんは

 

夏休みがどうやらあと一週間でおわるようです

 

やっとlol無間地獄が終わります

 

夏休み中にチャレいくぞっていう目標はかなわないかもしれないけどできるところまでやります。目標まで少しでも近づけたらそれでイイ

 

とはいったものの夏休み開始直後からレートが同じでまったくかわっていない

 

レートとしての見た目は変わっていないけど自分の実力は上がっているはず(ポジティブシンキング

 

使用キャラはリーシン?セジュ?からシヴァーナにキャラ替えをしたので

 

今回は現在使ってるシヴァーナについて書きます

 

シヴァーナやろうと思ったのが現KRチャレのシヴァーナ専の人がきっかけで

 

シヴァーナでも頑張ればレート上がると信じて使ってます

 

krチャレシヴァーナさんの基本ビルドがこれです

赤ブラッドレイザー→フロマレまで積んだ後は敵チームの構成によって装備を変えます

あくまでもシヴァーナのビルドは僕の見解ですのでご了承ください

f:id:baoh7:20170919203346p:plain

 中立からのダメージはARなのでルーンにMRは無く、AS,ARに全振り

 

ADが無くAS全振りなのは、シヴァーナのヒューリーを効率よく貯めるため、赤スマをダメージをよりよく出すためなんじゃないかと思います

 

ビルドはフロマレを積んだあたりからパワースパイク?でフロマレやオーメンでスローをつけて無理やり殺すビルドです

 

シヴァーナ使い始めるまでは「シヴァーナ?オイオイオイ死ぬわアイツ」って思っていましたが

 

シヴァーナを使い始めた後は「ほう…シヴァーナですか…たいしたものですね…」と思うようになりました

 

いまのジャングルはタンクメタでセジュアニ使ってると、味方がダメージを出してくれなきゃだめだーって感じでした

 

gankを決めてもレーナーが有利をとってくれない場合もあるし、リーシンのようなgank力はくそ高いキャラでもgankが上手くいかないときもあります

 

ならば中盤から終盤に重点を置いた効率の良いファームこそがレートを少しづつ上げるものではないだろうか

 

しかし、シヴァーナでkillをたくさん持って後半carryするやで~ってなった試合で負けることが多いです なんでや

 

krチャレシヴァーナさんのリプレイを見て何か"技"を盗もうとするも、序盤ファームばかりして後半見るからにごり押しで勝ってるように見える キルラインでこんなに差がでるんやろか

 

ドラゴン、タワー、ヘラルドのようなオブジェクトもとれるような状況は常にとってるけど、それを有効な方向にいかせないのがマクロ知識の差がでかいと感じます

 

僕は見よう見まねでやってるだけだけど、それでもこの人を信じてシヴァーナがナーフされるまではがんばってみます

 

しかもシヴァーナは動きが単純で、飽きそうで怖いよ

 

リーシンみたいにキャラ動かすこと自体が楽しくて「うおおおおお実践でultフラッシュできたうれしー」みたいな成長を感じれたら楽しいんだけどなぁ

 

このゲーム成長を実感できるところが一番の楽しみなのに

 

lolの現状はこんな感じです お酒のみながらノリで書いちゃったのあとで書き直します

 

まじでこのゲームで上手くなっても履歴書にはかけないのになにやってんのかわかんないけど、男って馬鹿な生き物なんで無駄なところに努力してしまいます

f:id:baoh7:20170919211152j:plain

 

 

 

 

 

 

 

対人ゲーム研究

 どうもこんばんは

 

今日、帰ったらlolするつもりだったのにちょっと寝ちゃったよ

 

お酒は行動力を鈍らせ、男をだめにする悪の飲み物だってエリザベススワンが言ってたの覚えてるけど、やめれないんだよね 飲みたくないよ私も

 

f:id:baoh7:20170624044115j:plain

 

今回は対人ゲームっていうアホのゲームで思ったことについて書きます

 

 対人ゲームっておもしろいですよね 喜怒哀楽がかなり出る類です

 

特に怒りやすいです 対人ゲームやって怒ったことないって人はいないと断言できるぐらい

 

対人ゲームで怒ったことないって人はゲーム始めたての人か、楽しめてない人か、強くない人がだいたいを占めていると思います 例外がいたらその人はやばい人です

 

LOLは劣勢になると怒ってしまいがちですよね

 

怒ってしまうと冷静さを失って勝率に影響します

 

逆に怒りをださず常に冷静さを保っていれば勝率はあがっていきます!

 

それではなるべく怒りを抑制するにはどうすればいいいか考えました、その結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:baoh7:20170624044239j:plain

ブログを書き始めてわかったこと

ブログ書いてるときは楽しいんだけけれども

 

1記事書くのにめっちゃ時間かかってもうかけましぇん!

 

これがこのブログの最後であった

 

 

 

バオー先生の次回作にご期待ください!

 

BAD END

 

ED曲↓

 

www.youtube.com